■■■ 器のお取り扱い・お手入れについて ■■■


まめきちで陶器(土もの)の器をお買上のお客様にはお取り扱いメモを
商品に同梱してお送りします。ご一読くださいますよう宜しくお願い致します。


お気に入りの器を末永くご愛用頂けますよう器のお手入れ方法をご紹介します。
ちょっとした心遣いでより愛着ある器になりますように。。


■器の特性■

陶器(土もの)は磁器(石もの)と違って吸水性・通気性があります。
粉引・焼締など土もの陶器をお使いになる前に、鍋に入れて器がかぶるくらいの米とぎ汁または水で
15〜30分程度の煮沸をすることをおすすめします。(その後は自然に冷ましてください)
土肌の目が詰まるので汚れがしみにくくなり、汁もれを防げます。
特に粉引の器は色の染み込みが目立ってしまいますので必ず煮沸をしてください。

■高台(裏側)について■

器の高台部分は予め窯元さんで処理を施してあるものが殆どですが
ざらつきが気になる場合は目の細かいサンドペーパーや砥石でこすった後ぬるま湯で洗い流して頂くと良いと思います。
またテーブルへのキズなどが気になる場合はテーブルクロス・ランチョンマット・コースターをご使用頂くと安心です。

■普段のお使いで気をつけること■

普段お料理を盛る前に器を10分くらい水に浸けるか軽く水にくぐらせてからお使いになると
お醤油やお茶・タレなど色の染み込み防止になります。
食器洗いの際の浸け置きは磁器と違って陶器は吸水性があるので早目に洗ってください。
また充分乾燥させてから食器棚に収納してください。湿ったままにしておくとカビやニオイの原因になります。

陶器は吸水性があるので長い年月の間には色の変化や生活シミが出来てしまうこともありますが
その器の変化を味わい楽しみながらご愛用ください。



TOP豆皿・小皿のページ