雑貨が好きと言う人は多いですが、中でも近年人気になっているのが和雑貨です。
日本独特の風情のある雑貨である和雑貨は、日本各地で取り扱っており日本人だけではなく、外国人観光客などにも人気が集まっています。

和雑貨とは

和雑貨とは、日本特有の風情のある雑貨のことを言います。扇子や風鈴、風呂敷、土鍋、手ぬぐいや和紙、醤油差しなど様々なものが販売されています。
和雑貨の特徴としては、その小さな小物ではありますが日常に大きなインパクトを与えると言う特徴があります。扇子なら暑いときに普段使いにできる他、浴衣を着るときに取り入れることでより日本の風情を楽しむことができます。
また、扇子の柄にあったファッションをすることによってより上品かつオシャレに見えるようになります。
その他、風鈴なら涼しげな柄を選ぶことで夏の涼を音や目で楽しむことができ、風呂敷なら普段のお買い物に使うことができるほか、贈り物をするときにより丁寧に物を贈ることが出来るなどの用途で使うことができます。

和雑貨の取り入れ方

日本の伝統工芸品にも和雑貨は様々なものがあります。品質もデザインもこだわり抜いたと言うのが和雑貨が人気になっている理由の一つです。
もちろん伝統工芸品も素敵ですが、日常的には使いにくいと言う人もいると思います。そんなときには、和柄をモチーフにした雑貨は様々なものがありこれも和雑貨と分類されます。
日常的に活用したい場合には、カバンに入りやすく持ち運びしやすいものを選ぶことがオススメです。日常的に便利なものとしては、和柄のハンカチや手ぬぐい、ストールやポーチ、財布などがオススメとなります。
女性なら巾着袋や髪飾り、かんざしなども可愛らしく使いやすいアイテムとなっています。和雑貨は年齢を問わず使えるため、友人や両親などへのプレゼントにも最適です。

外国人向けの和雑貨

外国人観光客が和雑貨をお土産として購入していく、と言うケースも増えてきています。そんなお土産として人気の和雑貨でオススメなのが、和手ぬぐいです。
日本らしい絵柄の手ぬぐいは外国人も喜ぶアイテムとなっています。値段も手頃なためバラマキ用にも向いています。ハンカチとして使えたり、物を入れて包んだり、バンダナがわりにするなど色々な用途に使えます。
そのほか、様々な柄がありオシャレで安い定番の扇子、子供向けなら浴衣や、少し高価なものを贈りたいときには漆器の技法「蒔絵」を使ったUSBメモリーなどもオススメです。
外国人向けの和雑貨はいろいろありますが、貰って嬉しいものや普段使いできるものを選ぶことが喜ばれるポイントとなります。